一級建築士 つるみーの     家づくりコラム

2021.05.06

注文住宅で気を付けるポイント

新築の注文住宅で20畳のLDKは狭い?広い?

注文住宅の打合せで、よくこんなやり取りがある。

 

住宅会社「どんなLDKにしたいですか?」

お客さん「とりあえず、20畳ぐらいの広さはほしい!」

 

言ったかもしれないと心当たりある人も多いでしょう。

ここで疑問なのが、なぜ20畳と言っているのでしょうか?

その要望に対して、住宅会社はどのような提案をするのだろうか?

 

 

お客さんは物理的な広さが欲しいわけではない

まず、20畳のLDKにしたいと要望するお客さんの多くは、家づくりに関して素人です。

間取りの打合せ段階では、まだまだ家づくりがどんなものか分からず、色々見聞きした情報を一生懸命伝えようとしているはず。

そのため多くの方は「20畳」という物理的な広さを求めているわけではありません。

体感的に20畳がどれぐらいの広さか把握できていないだろうし、どれぐらいの家具が配置できるかもわかっていないでしょう。

つまり20畳というフレーズは、「ちょっと広く感じるLDK」ぐらいのニュアンスを表していることが多いはず。

ここが理解できるかできないかで、住宅会社の担当者の力量が問われます。

 

 

デザインができる担当者とできない担当者

住宅の設計問わず、デザインができる人には一定の傾向があります。

それは、お客さんの潜在的な要望、真意を把握する能力が高いことです。

だから、デザインができる担当者は、20畳のLDKという要望に対して「ちょっと広く感じるLDK」と脳内変換して理解します。

逆にデザインができな担当者は、わかりましたと返事をし、次回の打合せできっちり20畳のLDKを提案してくるでしょう。

お客さんの要望に対してどのように理解し、どのように提案に落とし込むか、担当者の質によって家の質は大きく変化します。

さらに、デザインができる担当者はこう続けるでしょう。

 

「広さより、どんな使い方や過ごし方をしたいですか?」

 

質問の意図としては、使い勝手や過ごし方から、広さを逆算して提案したいからです。

落ち着いて過ごしたい場合は、少し狭く囲まれた雰囲気が望ましい。

広々と開放感を感じたければ、天井が高くて視線が抜けるような雰囲気が望ましい。

求める使い方や過ごし方によって、提案すべき空間は異なります。

LDKだからといって、ただただ天井が高くて、面積も広いだけが正解ではありません。

暮らしに合わせて適材適所の空間作りが大切です。

要望を伝える側として、どんな使い方や過ごし方をしたいか伝えると、きっと素敵な提案をしてもらえるでしょう。

 

 

広く感じるLDKには吹抜けと窓がポイント

建築空間は3次元。

床面積に対して、天井の高さと視線が抜けた先の景色が反映されます。

つまり、広く感じる20畳のLDKもあれば、狭く窮屈に感じる20畳のLDKもある。

広く感じる空間作りのポイントは、吹抜けと窓です。

吹抜けで、垂直方向に視線が抜けるようにするのか。

窓の配置で、水平方向に視線を抜けるようにするのか。

この2つのバランス次第で、15畳でも20畳以上に広く感じる空間づくりも可能です。

特に窓に関しては、カーテンを1日中開けっ放しにしても大丈夫なように作りましょう。

そうすると庭や借景までもがLDKの一部のように感じ、面積以上の広がりを感じられます。

吹抜けを設ける場合は、建物自体の断熱性能にも配慮すると理想的です。

 

 

要望は広さではなく使い方と過ごし方で伝える

家づくりの打合せで、どんな風に要望を伝えたらいいかわからない場合が多々あります。

今回のLDKの事例同様、面積では適切に伝わらないことも多々あるでしょう。

その時は、使い方や過ごし方で伝えるのがオススメです。

そうすることで、きっと住宅会社の担当者は素敵な提案をしてくれるはず。

SNSでシェアする

家づくりコラム
関連記事

ページトップへ